物議を醸す「AKB48商法」 「えげつない」のか「うまい」のか

印刷

   何かと物議を醸してきたアイドルグループの「AKB48商法」だが、ここにきて彼女達の売り出し方や関連グッズの販売戦略を評価する声が大きくなっている。CDや写真集が結果的にバカ売れ、グループ内の人気投票をマスコミが争って報道するなど「国民的アイドル」に育ってしまったからだ。

   「AKB48商法」が酷すぎるというバッシングはネットから広がった。握手会やイベントに参加するために、同じCDを何十枚も購入しなければならない。

落語家の桂南光さん「えげつない商売だ」

   ツーショット写真を撮影できる権利は「がちゃがちゃ」の当たり券を引く必要があり、これに何十万円もかけてしまった、などという例もあった。先頃行われたメンバー内の人気投票「選抜総選挙」では、CD購入1枚に付き一票の投票権がもらえるため、中にはCDを数百枚買った、などというファンも現れた。

   もちろん今でも批判は多い。2010年6月10日放送の関西ローカル番組「ちちんぷいぷい」で「AKB48」のこうした実態が放送されると、落語家の桂南光さんが、えげつない商売だ、と指摘。

「宗教とか、いろんな商売とか、そうしたものをひっくるめたやり方。ごっつひどい」

   南光さんは今回初めて「AKB48」商法を知ったそうなのだが、この発言がネットで注目され、賛同する人も多い。

   一方で、

「AKBの商法は酷いとも言えるが上手いとも言える」
「ファンは好んでやっているわけだから、楽しみ方は人それぞれ」

   などとバッシング一色ではなくなっている。また、テレビのワイドショーのコメンテーター達の中にも「商売のやり方が上手い」といった発言をする人が増えている。

   アイドル評論家の中森明夫さんは以前から、「AKB48」のプロデューサー秋元康さんの戦略が成功すると考えていた1人だ。

ファンがお金を使ってスターを選ぶのはそう悪くない

   「AKB48」は最初から全国区を目指さずに東京秋葉原という一地区から育てていった。

   しかも、テレビに頼らず劇場でファンと直接的な触れ合いを重視してきた。また、突出したスターを置かずに「チームで勝負」してきた。週刊朝日(10年2月12日号)のコラムでは、こうしたことを挙げ、

「単なるアイドルではなく、事業であり、コンテンツ商品」

   だとし、

「政治、社会、ビジネスにこそAKB的発想法が求められているのではないか?」

と指摘している。

   中森さんは、J-CASTニュースに対し、こう答える。

「ファンはもう少し理性的になった方がいいとは思うが、好きなアイドルにお金をつぎ込む、というのはこれまでもあったし起こりえる現象。アイドル冬の時代には広告代理店やテレビのプロデューサーがピックアップしてアイドルに仕立てていたが、『AKB48』はファンがお金を使ってスターを選んでいる。私としてはこちらの方が健康的な感じがします」

そういうこともあって、「AKB48」の人気はこれからも続くだろうというのが中森さんの予想だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中