4月の第3次産業活動指数、前月比2.1%上昇 情報通信業がけん引

印刷

   経済産業省が2010年6月16日に発表した4月の第3次産業活動指数(速報値、2005年=100、季節調整済み)は、前月に比べて2.1%上昇し、97.6となった。前年同月比では1.4%上昇した。

   業種別では、ソフトウエア業などの増加が目立った情報通信業が前月比9.7%上昇。また機械器具卸業などが健闘した卸売業小売業が3.6%上昇し、けん引役となったほか、分譲マンションが好調だった不動産業も回復した。一方、生活関連サービスや娯楽業が同1.7%下落。土木・建築サービスも低下した。宿泊・飲料サービス業は横ばいだった。

   4月は例年に比べて天候不順だったこともあるが、衣料などの身のまわり品の低調が響いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中