電子書籍を自分でつくるサービス開始

印刷

   自分で書いた小説や漫画を、電子書籍化するサービスが2010年6月22日に始まった。消費者向けオンラインサービスを手がける「paperboy&co」は、同社が運営する書籍のコミュニティーサイト「ブクログ」内に、電子書籍作成サイト「パブー」を開設した。

   本のタイトルや表紙を決めたのち、テキストや画像の追加、編集、ページの管理などすべてパブーの中で作業できる。完成した本をパブーのサイト内で公開でき、販売価格も設定可能。PDFやePubファイルも自動生成できるので、パブー内だけでなく、多機能情報端末「iPad」や電子書籍端末「キンドル」に電子書籍ファイルをダウンロードして閲覧することもできる。

   利用にはユーザー登録が必要だが、無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中