みずほFG役員報酬30%削減 報酬の個別開示は否決

印刷

   みずほフィナンシャルグループは、増資による1株あたりの利益の希薄化や、2010年度の予想配当を前期から2円減配するなどの状況を踏まえ、塚本隆史社長と、みずほ銀行の西堀利頭取、みずほコーポレート銀行の佐藤康博頭取の報酬を2010年7月から3か月間30%削減する。6月22日に開かれた株主総会で明らかにした。他の役員も同じ期間10%削減する。

   塚本社長は、09年度決算について「足元を固めた1年だった」と述べ、当初予想を上回ったことを強調した。5月に発表した8000億円を上限とする増資の件では、「市場の状況を踏まえて適切なタイミングで実施したい」との説明に終始した。

   また、すべての取締役と監査役の報酬の個別開示を求める株主提案があったが、これを否決した。1億円超の報酬を受け取っている役員や、同日付で退任する前田晃伸みずほFG会長らの報酬も開示されなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中