「アメーバピグ」の訪問者急増 CM効果か

印刷

   ネットレイティングスは2010年6月29日、インターネット利用動向調査の10年5月のデータをウェブサイトで公表した。

   調査によると、サイバーエージェントが提供する仮想空間サービス「アメーバピグ」の訪問者数が190万人に達した。10年5月からテレビコマーシャルを開始したことが影響しているようだ。

   訪問者の男女比は、41対59で女性の方が多い。年代別では、男性は30代が多く、女性は20歳未満、20代の割合が高くなっている。

   アメーバピグでは、利用者が「ピグ」と呼ばれる自身に似せた分身キャラクターをつくり、仮想空間の街で出会うほかのピグとチャット機能で「会話」してコミュニケーションを楽しむ。芸能人も参加している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中