首相夫人「異例」の選挙応援 「出たがり」なのか人気なのか

印刷

   菅直人首相の伸子夫人(64)が応援演説組に参入し、民主党サイトの「党幹部活動」にも夫人の名前と演説日程が登場した。首相夫人の「弁士」は異例だが、経験は豊富で、手慣れているという。もっとも、候補者側から「是非に」と要請があったわけでもないらしい。「与党の過半数割れ」もささやかれる中、起爆剤となるのだろうか。

   「7月2日 菅直人代表夫人 12時10分メド 香川 丸亀町商店街~」。民主党のサイトで党役員らの街頭演説予定を知らせる2日の「党幹部活動」欄には、伸子夫人の予定が4件掲載されていた。伸子夫人の予定は、1日から登場した。

政治好きで「和製ヒラリー」の異名も

   伸子夫人は7月1日、愛知県安城市でマイクを握り、首相夫人としての「応援演説デビュー」を果たした。「首相夫人の応援演説は異例」と2日付読売新聞などが報じた。夫人は「民主党はまだ仮設住宅」「もうしばらく住んで欲しい」などと訴えた。

   各種報道によると、「政治好きで『出たがり』だが、社交的で人気がある」と評される伸子夫人は、「和製ヒラリー」との異名もある。選挙戦中盤になっての「首相夫人投入」は、どんな意図があるのだろうか。

   民主党本部の報道担当によると、「特別なことをしている意識はない」。伸子夫人は、以前も各種選挙で応援演説に立っていた。07年の参院選でも、鳩山由紀夫・前首相の幸夫人らと「Oh! 勝ってレディース」を名乗り、応援演説で全国を回った。今回、肩書きが「首相夫人」になったことでマスコミに注目されただけ、という訳だ。

   党サイトの「党幹部活動」に夫人の予定が載っていることについては、過去の選挙でも民主党へ入党前の田中真紀子・元外相の応援演説予定を掲載するなど「幹部以外でも関心を集めそうな人の予定は載せていた」。選挙戦中盤からの参加は、6月28日(日本時間)に閉幕したサミット(カナダ)同行との関係だそうだ。

   演説慣れしているという伸子夫人。演説はうまいのか。民主党のある東京都議の事務所関係者に話を聞くと、「何度も演説を聞いてますが、はっきりものを言ってくれて気持ちがいい話をされますよ」。ズバリとした物言いだが、「決して上から目線ではなく、人を大事にする感じが伝わってきます」とベタぼめだ。

自民「盛り上がらなくてほっとしている」

   応援弁士としては、自身も東京選挙区の候補でもある蓮舫行政刷新相が大人気で、次々「お呼び」がかかってなかなか地元入りできない、と報じられている。首相夫人の人気ぶりはどうなのだろうか。

   首相夫人の応援演説が決定した、複数の民主候補の選対に話をきくと、「実は大臣クラスの応援をお願いしていたが、本部の調整の結果……」「本部から首相夫人でどうか、と打診があり、それなら是非、とお願いした」。いずれも地元選対側から名指しで首相夫人の応援を依頼した訳ではない、という。もっとも、すでに夫人演説があった西日本のある陣営関係者は、「テレビで(首相夫人の)顔を見た、と親しみを持っている人も多く、好評でした」と喜んでいた。

   一方、伸子夫人が現地入りした選挙区の自民党陣営にも話を聞くと、「実は翌日に新聞で知った」「脅威かと聞かれると、それほどでも……」という答えが返ってきた。別の選挙区の自民候補の選対関係者は、「(首相夫人の)話が短かかったり、勘違いもあったりしたようで微妙な空気が流れていた、との情報が入っている」として、「盛り上がらなくてほっとしているところです」と話した。

   菅首相が誕生することが決まった直後、「ファーストレディ」と呼ばれることに「違和感を覚える」として、「首相夫人でいいです」と語った伸子夫人は、7月1日の愛知県内の応援演説で「私は選挙をするのが仕事」と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中