野村HD イスラム金融の手法で60億円調達

印刷

   野村ホールディングスは、日本企業で初めて中東地域におけるイスラム手法「ムラバハ」を使って、7000億ドル(約60億円)の資金調達を行うと2010年7月15日に発表した。

   ムラバハは、イスラム金融の中でも広く普及している取引形態で、商品購入者が必要とする商品をイスラムの金融機関(アレンジャー)が現金払いで購入して、実際の購入者に販売。アレンジャーは利益(金利相当)を上乗せした販売代金を割賦払いで購入者から受け取る仕組み。イスラム金融市場での資金運用の6~7割程度を占めていて、リテール金融ではクルマの購入のためのファイナンスや、法人取引では設備機械や原材料の購入などに利用されている。

   今回のムラバハは、バーレーン王国にあるArab Banking Corporationのイスラム金融部門子会社ABC Islamic Bank(E.C.)がアレンジャーを務め、野村HDは3年間かけて割賦払いしていく。

   野村HDは資金調達手段を多様化するとともに、イスラム金融のノウハウを蓄積していく考え。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中