日本語対応の新型「キンドル」 139ドル廉価版も

印刷

   米アマゾン・ドットコムは現地時間の2010年7月28日、電子書籍リーダー端末「キンドル(Kindle)」の新モデルを発表し、予約受け付けを開始した。8月27日から日本を含む世界140か国以上へ出荷する。

   新モデルは、Wi-Fiと第3世代(3G)無線技術に対応したモデルと、Wi-Fiにのみ対応したモデルの2機種。Wi-Fi+3G対応モデルを189ドル、Wi-Fiモデルを139ドルで発売する。

   それぞれ、日本語表示に対応したことや大幅に小型軽量化されたことが大きな特徴で、液晶のサイズは従来と同じ6インチのまま。そのほか、ページをめくる速度や液晶のコントラストを向上させた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中