増え続ける「所在不明高齢者」 住宅取り壊されていたケースも

印刷

   所在不明となっている100歳以上の高齢者の数が、全国で60人以上になることが、2010年8月5日夕方、報道各社の調べでわかった。

   時事通信社のまとめでは、5日午後の時点で67人が不明。札幌市では、106歳の女性が住んでいたとされる場所を市職員が調べたところ、住宅は既に取り壊され、マンションが建設中だったという。JNNの調べでも、5日16時30分現在までに、大阪府で22人、東京都で9人、千葉県と北海道でそれぞれ4人が不明となっており、所在不明の高齢者は全国で計64人。ANNでも、4日に22人だった不明者が66人となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中