マツダ新型「プレマシー」 受注台数が目標の4倍超え

印刷

   マツダは2010年8月5日、7月1に発売した新型ミニバン「マツダ プレマシー」の累計受注台数が8月1日付で7240台と月間販売計画(1800台)の4倍以上に達したと発表した。

   全受注台数のうち、同社独自のアイドリングストップ機構「i-stop(アイストップ)」搭載車が80%を占めている。購買者は小学生以下の子どもがいる30~40代のファミリー層が中心。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中