小説からパズル、「六甲おろし」まで印刷 トイレットペーパーの「変わり種」が人気

印刷

   イラストや文章など、ちょっと変わったものを紙に印刷した「変わり種」トイレットペーパーが次々と登場してきている。小説やパズルが印刷されたもののほか、お中元用の詰め合わせセットまである。

   2010年8月4日付けの楽天、トイレットペーパー売れ筋ランキングで、「阪神タイガースプリントロール」という商品が4位に入っている。

「もったいなくて使えません」

西日本衛材から発売された阪神タイガースプリントロール
西日本衛材から発売された阪神タイガースプリントロール

   兵庫県の製紙会社、西日本衛材が7月21日に発売した。阪神タイガースとのコラボ商品で、タイガースの応援歌「六甲おろし」の歌詞や、縦しま模様、球団の歴史などがトイレットペーパーの生地にプリントされている。黒だけでなくピンクや緑、黄色など沢山の色が使われているのが特徴だ。

   同社の担当者によると、社内にいた野球ファンが発案。09年末から球団と交渉し、パッケージやプリントのデザイン案を練ってきた。トイレットペーパーへのプリントは2色、3色が一般的だが、同社では5色までプリントできる機械を導入しているため、より色鮮やかな仕上がりになったという。

   12ロール1パックで450円前後。楽天では、発売から約2週間たった6日までに720パック売れたという。レビューも付いており、「いろんな柄があって楽しくなります」「もったいなくて使えません」といったものが書き込まれている。

価格競争ではなく、付加価値ある商品を

鈴木光司さんの小説が印刷されている『トイレで読む体感ホラー ドロップ3』
鈴木光司さんの小説が印刷されている『トイレで読む体感ホラー ドロップ3』

   こうした「変わり種」トイレットペーパーが近年続々と登場している。よく知られているのが『リング』『らせん』などで知られる作家・鈴木光司さんの小説がプリントされた『鈴木光司のトイレで読む体感ホラー ドロップ』だろう。09年春に発売され、新聞やテレビなどでも紹介された。

   同製品を開発した林製紙(静岡県)では、こうした「変わり種」商品を06年頃から取り扱っている。同社役員によると、トイレットペーパーにイラストや文字を印刷するという技術自体は20年ほど前からあった。当初は花柄などに使われるだけだったが、デフレの影響でトイレットペーパーの価格が下がり続ける中、「価格競争で勝負しても利益になりにくい。付加価値のある商品を作らなければ」と判断したという。

   「変わり種」商品は1ロール約120円と割高。しかし、従来のトイレットペーパーとしての枠組みを超え、雑貨品として東急ハンズやヴィレッジヴァンガード、ロフトなどでも販売されるなど、新たな販路を拡大している。

   同社ではこれまでに、手の洗い方などインフルエンザ対策が印刷された『インフルエンザ対策ロール』や、東大の折り紙サークル監修による、折り紙の手順が印刷された商品などを発売してきた。現在、鈴木さんの『ドロップ』シリーズのほか、パズルの描かれた商品などが売れているという。同社役員は、

「会社敷地内にアンテナショップがあるのですが、この時期ですと、お中元用の企画商品詰め合わせも売れています。お中元としては安価ですし、貰った方にとっても生活必需品なので喜ばれているようです」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中