さすが中国? iPodをiPhoneに改造する装置が人気

印刷

   「iPod(アイポッド)タッチ」を取り付けるだけで「iPhone(アイフォーン)」の多様な機能がすべて使えるようになる機器が中国で発売され、話題を呼んでいる。

   中国の経済観察報が2010年8月16日伝えたと、各国のメディアが紹介している。商品名は「アップルピール520」。SIMカードが組み込まれていて通話ができ、専用ソフトを使えばメール機能も作動する。開発者らが自ら立ち上げたベンチャー企業が7月から販売を始めた。

   価格は388元(約4900円)。1300元のiPodとあわせて1688元で、4500元ほどする iPhoneの機能を手に入れることができるわけだ。いわゆるコピー商品ではなさそうだが、知的財産権はどうなるのか、iPhoneは値下げで対抗するしかないのか、アップル側の対応が注目される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中