東証の昼休みの見直し、7割が「反対」

印刷

   東京証券取引所は、取引時間の延長について証券会社や個人投資家などから意見募集していたが、寄せられた意見では7割が昼休み時間の縮小に反対していたことがわかった。

   寄せられた意見は全体で128件にのぼり、このうち昼休み時間の見直しに対する意見が4分の3を占めた。その中で、証券会社や事業法人、個人投資家など約7割が昼休みの撤廃・短縮に「反対」した。

   東証によると、反対の理由として、昼休みを挟んで行われる「板寄せ」取引の機会が減ることで売買成立が減るなどの利便性が低下する、法人からはバスケット取引の機会が減って結果的にコストアップにつながる、などが挙げられた。

   東証の意見募集は、7月26日から9月10日まで行われた。一部の証券会社がインターネットなどで行った独自調査では「賛成」が多かったが、逆の結果が出たことになる。東証は「記名式で、かつ賛成、反対の理由を説明してもらっていることから、しっかりした意見が寄せられているのだと思う」と話している。意見は近く公表する予定。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中