「韓日戦」フジテレビの表現 「日韓戦というべき」ネットで話題

印刷

   フジテレビのスポーツニュース番組「すぽると!」が、ソウルであるサッカー日本代表の対韓国戦について「韓日戦」と表現したことが話題となっている。「日韓戦と呼ぶべきだ」などの声がインターネット上で指摘されているが、フジテレビによると「以前からホームのチームを先に表記していた」と今回に限った表現ではないそうだ。

   「1週間後に迫ったサッカー韓日戦。今夜からカウントダウン企画として…」。2010年10月5日深夜に始まった「すぽると!」の冒頭近くで、平井理央アナがこう伝えた。画面上方には、「サッカー韓日戦企画がスタート」と文字でも紹介された。

12日にソウルでサッカー代表の親善試合

   同番組が伝えたのは、10月12日に韓国・ソウルで開催される、日本代表と韓国代表の国際親善試合のことだ。平井アナは、同番組の別の場面でも「韓日戦に向け新企画もスタートです」と紹介した。同番組では、4日深夜の放送の回でも、本田朋子アナが「来週の韓日戦に向けた合宿を…」と話していた。同局は、12日の試合を放送する。

   ネット掲示板2ちゃんねるではほどなく、「韓日戦」との表現に違和感をもった人たちが多数、反発する書き込みを始め、2けたのスレッド(話題提供のための「板」)が立った。「日本人ならこんな間違いはしない」「自国を先に表記するのが世界の常識」「反日」「ここまで売国(的)なら…」などと指摘している。

   一方、「勘違いしただけでは?」といったものや、今回の試合がソウルで開催されることから、「『韓日戦』で問題ないのでは」「違和感ない」という声もある。しかし、こうした意見に対しては、「例えば、イラン日本戦とか米日戦とか聞いたことがない」との反論もある。今回反発している人たちのうち、少なからぬ人たちは、この「韓日」表記問題は氷山の一角で、日本の多くのメディアが全体的に「親韓国・中国的で、反日的だ」との不信感をもっている節がうかがえる。

   新聞やスポーツ新聞は、10月12日の親善試合をどう表記しているのだろうか。実は、サッカー日本代表のニュースだ、という文脈の中、「韓国戦」との表現が多いようだ。ネット版の見出しでみる限り、「『サッカー』日韓戦に朴智星ら24人 韓国代表」(10月4日、産経=共同配信)、「京都・郭泰輝、日韓戦代表に=サッカー」(4日、時事通信)、「サッカー日本代表 10・12ソウルで日韓戦」(8月6日、スポニチ)、「サッカー日本代表 10月にソウルで日韓戦」(2月22日、産経)などが目につく程度だ。いずれも「日韓戦」との表記だ。「韓日戦」と表記しているのは、朝鮮日報や中央日報の日本語版など韓国メディアだ。

NHKは「基本的に日本側を先に表現」

   NHK広報部にきいてみると、試合開催の場所などにかかわらず「『日韓』戦というように、基本的に日本側を先に表現しています」とのことだった。

   一方、フジテレビ広報部によると、「ホームとアウェーを明確に表記したい、と以前からホームチームを先に表記しており、『韓日戦』という表現も以前から使っていた」という。もっとも、過去に韓国内で日本代表チームが戦うスポーツで注目された試合はそう多くはなさそうで、「韓日戦」の表現も多用されたわけではないようだ。

   では、米国であった野球の国際大会WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では、日本チームと米国チームが戦った際、「米日戦」と表現したのだろうか。この点については「米日戦という響きが一般的かどうかなどを判断し、アメリカ対日本などと表現していたようだ」という。野球の場合、先攻・後攻の問題もある。

   また10月6日夕現在、視聴者から「どうして『韓日戦』という順番なのか」という質問や「日韓戦というべきだ」という意見などが「電話で数件」寄せられているという。

   2ちゃんねるでは、「韓国ホームの試合なので、『韓国×日本』は気にならないが、『韓日戦』はひっかかる」という指摘もあった。10月4日と5日の夜の日本テレビ、TBS、テレビ朝日の各ニュース番組のスポーツコーナーでは、直近の8日の日本対アルゼンチンの親善試合(会場・埼玉)に注目が集まっていることもあり、12日の対韓国戦に触れた局はなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中