派遣労働者5年ぶり減少 2009年度302万人

印刷

   派遣労働者数が減っている。厚生労働省は2010年10月7日、派遣事業を行っている7万1560社の報告をまとめた労働者派遣事業報告(確定版)を発表した。それによると、2009年度の派遣労働者数は前年度に比べて24.3%減の約302万人だった。

   減少は5年ぶり。08年以降の金融危機の影響で、製造業などで雇い止めが増えたことなどが理由。規制が強化されたことで派遣契約を見直す企業も増えている。派遣先数は前年度比29.3%減の約90万社だった。

   また、あらかじめ派遣会社に登録して、仕事があるときだけ働く「登録型」の派遣労働者は同26.7%減の206万人だった。

   同省の別の調査によると、製造業に従事した派遣労働者数は10年6月1日現在で、前年度比54.5%減の約25万人となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中