「もしドラ」類似本続々登場 タイトルも表紙イラストもそれ風

印刷

   経営学者ピーター・ドラッカーと高校野球というユニークな組み合わせの内容でベストセラーとなった、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(もしドラ)。テレビアニメ化も決まるなど、絶好調が続いている。

   「もしドラ人気」にあやかろうというのか、似たようなタイトルで、デザインにも「萌え系」女性を使うといった「類似本」も出始めた。「二匹目のドジョウ」狙いは当たるだろうか。

ドラッカーの代わりにバフェット

「萌え系」女の子が表紙に(写真提供:左からPHP研究所、出版文化社)
「萌え系」女の子が表紙に(写真提供:左からPHP研究所、出版文化社)

   もしドラは2009年12月4日に発売された。都立高校野球部のマネジャーを務める女子高生、川島みなみがドラッカーの著書と出会い、そこから学んだマネジメントの極意を野球部に実践していく内容だ。略称で呼ばれるほど長々とした書名。表紙は青空の下、川辺で微笑む制服姿の女子高生のイラストが描かれ、「経営の神様」ドラッカー関連本とは思えない意外感がある。

   発行元のダイヤモンド社が運営する、もしドラ公式サイトによると、2010年10月20日には部数が紙版142万部、電子版8万部に達した。この大ヒットが影響したのか、似たようなタイトル、体裁の書籍が次々に登場した。

   例えば、「もし、かけだしカウンセラーが経営コンサルタントになったら」(出版文化社)は、もしドラ同様経営に焦点を当てている。タイトルの表現、「青空を背景に女の子」という表紙のコンセプトともしドラに似ている。「金欠の高校生がバフェットから『お金持ちになる方法』を学んだら」(PHP研究所)は、ドラッカーならぬ「投資の神様」ウォーレン・バフェットを書名に入れた。主人公が謎の美少女とともに、過去の世界的な経済事件を追体験する物語だという。

   さらに、「もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら」(イカロス出版)になると、もしドラ似でありながら、パンクと仏門という奇抜な取り合わせも目を引く。ほかにも「もしONE PIECEファンの女子大生が起業したら」(イーグルパブリシング)、「もし無機物が人間になって恋をしたら」(リブレ出版)といった具合に、続々と現れている。

書店で手にとってもらうための「作戦」

「パロディー」を意識(写真提供:イカロス出版)
「パロディー」を意識(写真提供:イカロス出版)

   「金欠の高校生が~」の出版元、PHP研究所に取材すると、もしドラの影響は「多大に受けている」と認める。「ひと目でわかるような本でないと、書店で埋もれてしまう」と編集担当者。そこで、ヒット作となったもしドラのエッセンスを「拝借」したようだ。「かけだしカウンセラーが~」を出す出版文化社も、タイトルなどはもしドラにあやかっており、「何とか手にとってもらおう」という作戦だと話す。ただ、一方で、「もしドラと比べて、ビジネス小説としての色合いが濃い」と、中身の違いを強調する。

   「パンクロッカーが~」を出版したイカロス出版に聞くと、若い世代に親しみを持ってもらえる仏教の入門書を出すにあたって、販売好調なもしドラの「パロディー」を思いついたという。マネジメント本と宗教本という全く違うジャンルで、「書店でも競合しないと思い、迷惑にならない範囲で」(編集担当者)タイトルと表紙イラストを考えたと打ち明ける。

   出版業界だけにとどまらず、もしドラをもじったアダルトビデオまで登場したようだ。パッケージは実写で、女子高生のイラストの代わりにセーラー服を着た女性が笑顔で映っている。ここまでくると悪ノリの印象も拭えないが、そこまでインパクトがあった本、ということかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中