「初音ミク」人気世界に急拡大 英紙は「地球上で最大のポップスター」

印刷

   歌うバーチャルアイドル「初音ミク」が海外の新聞記事で「地球上で最大のポップスター」と大々的に報じられなど、知名度が世界規模になってきた。開発・販売したクリプトン・フューチャー・メディアもそれを認め、ヨーロッパ、アメリカだけでなく、ロシア、南米にも人気が拡大しているという。今後は現地の要望に応え、コンサートの開催なども検討する。

   「初音ミク」はクリプトン社がヤマハの音声合成システム「VOCALOID2」を元に開発したバーチャルアイドル。まるで人間のように自作の曲を歌わせることができると評判になり、2007年8月の発売と同時に爆発的にヒットした。投稿動画サイト「ニコニコ動画」や「ユーチューブ」にはおびただしい数の動画がアップされ、800万回以上閲覧された動画もある。

   CDやゲームも発売され大ヒット。2010年3月にはホログラムを使ったコンサートが「Zepp Tokyo」で行われチケットは瞬時に完売。その模様を収めたBD、DVDが発売されている。

「彼女が世界征服することを誰も止められない」

英紙METRO電子版に掲載された初音ミクの記事
英紙METRO電子版に掲載された初音ミクの記事

   イギリスで最も有名なタブロイドフリーペーパー「METRO」は2010年10月21日、「ミク」に関し「彼女は、地球上で最大のポップスターの一人」と大々的に報じた。

   彼女の人気は「ニコニコ動画」や「ユーチューブ」を通じて広がったと分析、CDセールスの大成功だけでなく、想像で作られたはずの彼女は、3Dホログラム技術を使い実際にコンサートまで開催するまでなったとしている。そして、本物のミュージシャンよりもバーチャルな彼女の方が人気になっている、などと書いている。

   エクアドルやチリでも大きな記事になった。エクアドルの「EL UNIVERSO」は10年9月8日付の電子版で「骨も肉もない有名な芸術家」との見出しを掲げ、何千人も収容するアリーナを満員にできる人物だと紹介した。彼女はユーザーの手によって作られた歌を歌い、たくさんのオリジナル動画に登場しているが、この「電子」で作られた彼女を知れば知るほど、

「恋に落ちてしまったとしてもしかたがない」

   と絶賛している。

ニューヨークではファンが殺到、追加公演

   海外で大々的に「ミク」が報じられていることについてファン達はネットで、

「ミクさんがマジで世界に羽ばたく」
「世界中の人たちにもミクちゃんの素晴らしさをわかってもらえて嬉しい」

   と大喜び。一方で、

「いつの間にかこんな人気、遠い存在になっていくのではないか」

   などと複雑な気持ちの人もいる。

   クリプトン社によれば、「ミク」が世界的に認知されるようになったのは投稿動画サイトの影響が大きく、CDの発売やゲームの発売がその後押しをしたのだろうと推測している。また、海外のメディアが取り上げるようになったきっかけは、海外のゲームショーで「ミク」がゲストで登場する機会が増えたことも影響したと説明する。

   海外にはミクのファンが確実に存在し、一緒に歌を口ずさんだりしているという。2010年10月にはニューヨークとロサンゼルスのアニメフェスティバルでコンサートを開催。ニューヨークでは約150人収容の会場が満員となり、入りきれないファンが200人も出てしまった。そのため急遽「追加公演」まで実施した。

   「ミク」のファンはヨーロッパやアメリカのほか、ロシアや南米にもいることもわかった。

「現地の要請を踏まえた上で、コンサートを海外で行う機会が増えるかもしれません」

   とクリプトン社は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中