「正義はわれにあり」か「覚悟なき英雄」か  週刊誌も見方が割れるsengoku38の実像

印刷

   尖閣ビデオをユーチューブに投稿した「sengoku38」こと神戸海保の海上保安官(43)について、週刊誌の見方が割れている。ところが、不思議なことに、保安官の素顔については、どこも同じような説明なのだ。

   世論の支持をくみ取ってか、週刊現代は、2010年11月15日発売号で、こんな大見出しを掲げた。

もの静かでまじめ、目立たない存在

頭が混乱するだけ?
頭が混乱するだけ?

   「覚悟の告発 『正義はわれにあり』」

   保安官の顔写真はないが、実名は大きく出ている。

   これに対し、皮肉たっぷりなのが、週刊文春11月18日発売号だ。「『覚悟なき英雄』の正体 あえて言う!この男は『正義』なのか」。顔写真で目隠しされているが、こちらも実名入りだ。週刊新潮も、同日発売号で、「『英雄』か『英雄気取り』か『変わり者』」との見出しを掲げ、こちらは、実名ばかりでなく顔写真も出している。

   読者がこれらの雑誌を手に取れば、頭が混乱してしまうかもしれない。なぜ実名や顔写真の扱いが分かれたのかについても同様だ。

   しかし、いずれも読み通すと、海上保安官の素顔についての説明はほとんど変わらない。

   民間商船の船員時代や海上保安学校の在籍時なども含めて、同僚や友人らの話から、もの静かでまじめ、目立たない存在であったことが伝わってくる。そして、時にはよく笑い、明るい性格でもあったという。そのどこからも、英雄らしかったり正義漢を気取ったりするようなところはないのだ。ビデオ投稿には、共犯の可能性が指摘されているが、それもクーデターと言えるようなレベルではない。

   11月16日未明に、神戸海保の庁舎から姿を見せたときも、何かを叫んだり、パフォーマンスをしたりすることもなかった。むしろ無表情であり、報道陣の前では、何も言わずに一礼しただけだ。

   それなのに、なぜ週刊誌でこうも見方が分かれるのか。

顔写真については公開しないことを望む

   週刊現代では、海上保安官が義憤に駆られていたという海保OBも含めた周囲の見方を根拠にしているようだ。とはいえ、保安官が「正義はわれにあり」と胸を張っていたという報道はされていない。むしろ、正しいことをしたとしながらも、公務員にあるまじきことをしたと反省もしている。

   一方、週刊文春は、「結局、自己顕示欲が強かった」という識者のコメントなどをもとに、保安官の「正義」に疑問を投げかけている。また、新潮は、小、中学校の同級生の話を引いて、「変わり者」としている。しかし、いずれも根拠がはっきりせず、正義漢ぶったりしたところも明確に示されていない。

   どうやら、いずれの週刊誌も確かな根拠はないようだ。

   保安官は、マスコミ向けの文書などでは実名入りながら、顔写真については公開しないことを望んだと報じられている。こうしたことが、各週刊誌で、実名や顔写真の扱いが分かれた原因になったのかもしれない。保安官自身も、これだけ騒ぎになった自らの行為について、気持ちが揺れているようなのだ。

   保安官の行為については、識者の間でも賛否両論になっている。

   元外務省職員の佐藤優氏は、週刊文春で、ビデオ投稿は組織内の違法行為を明かす内部告発とは言えず、官僚による国家機密の漏えいだとして、速やかに裁判にかけるべきと主張した。これに対し、経済評論家の山崎元氏は、ダイヤモンド・オンラインのコラムで、組織内で支持され、自らも名乗り出る新しい内部告発だとして、国民が政府の対応を判断できる公共のメリットがあったことを重く見るべきだとしている。

   「英雄」や「英雄気取り」とは言えないとしても、その行為の是非については、今後も論議が続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中