尖閣に石垣市議2人上陸 中国は反発

印刷

   沖縄県・尖閣諸島の南小島に、同県石垣市の市議2人が2010年12月10日、約40分間に渡って上陸していたことが分かった。上陸したのは、仲間均、箕底用一の両市議。政府は、許可なく尖閣諸島へ上陸することを認めておらず、2人は近く県警から事情聴取を受ける模様。

   一方、尖閣諸島の領有権を主張する中国外務省は12月11日、「中国の領土と主権を侵す行為で、日本政府に強く抗議した」との談話を発表し、今回の上陸に強く反発した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中