ナイナイ岡村、不幸話で日産「マーチ」ゲット

印刷

   お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さんが、2010年12月25日放送のフジテレビ系クリスマス特番「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」に、生電話で5分ほど出演した。司会の明石家さんまさんを相手に、クリスマスにもかかわらず、誰からの誘いもないという「不幸話」を披露したが、自身の「病気」をネタにした話にも及んだ。

   電話に出た岡村さんは「ナインティナインの岡村です。長々と休ませていただきました。すみません」とまずは自身の長期休養を謝罪。今年7月からの療養生活を経て、11月に復帰を果たしたばかりだ。それからテレビ復帰後、さんまさんの楽屋にあいさつに行ったというエピソードに話が及ぶ。「(岡村、)大丈夫か言う前に、『さんま兄さん、絶対、病気ですよ』って言うの、やめていただける」という話がふられると、岡村さんは「調べたら(さんまさんにも)思い当たる節があったんで」と冗談をとばしていた。

   自分は大丈夫、元気だとまくし立てる さんまさんに対しては、「(さんまさんは)ボクと真逆の症状なんですけど。ボクも寝れないっていう状態が続いてまして、さんまさんの場合も、寝ないって言うのがあるじゃないですか」、「ボクはダウンの方にいったんですけど、さんまさんはアップの方にいっているんじゃないかなと思って」と話し、笑いを誘っていた。

   同番組では、視聴者(芸能人含む)からの「不幸話」を募集。司会者が認めれば、豪華プレゼントをもらえるという趣向で、何が当たるかはクジ引きで決めている。岡村さんは今回なんと、一番の目玉商品、日産自動車のコンパクトカー「MARCH(マーチ)」をゲット。「いいんですかね、本当に。最後の最後でええことありました」ととまどいながらも喜び、さんまさんも「岡村がひきよった。そういうもんやな。ずっとずっと大変なことがあるとええことがあるんやな」。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中