センター試験始まる 新幹線トラブルで遅刻も

印刷

   大学入試センター試験が2011年1月15日、全国706会場で一斉に始まった。志願者数は55万8984人で、10年より5600人余り多い。初日の15日は公民、地理歴史、英語のリスニングを含む外国語の試験が行われた。

   この日は朝、栃木県のJR小山駅で架線と信号トラブルが発生し、東北新幹線全線と、一部路線を共有する山形新幹線、秋田新幹線が4時間あまりにわたってストップ。この影響で、宮城県仙台市の東北大学と東北学院大学では、最初の公民の試験に遅刻した受験生4人に対して、時間を繰り下げる処置が取られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中