ハフィントン・ポスト買収したAOL 「過去の失敗再び」と予測する声も

印刷

   米インターネットサービスのAOLが、ブログニュースメディア「ハフィントン・ポスト」を3億1500万ドル(約259億円)で買収すると発表した。

   しかしAOLは、過去にメディア大手のタイム・ワーナーと合併したものの思ったような相乗効果が上がらず、事実上失敗に終わった苦い経験がある。今回の発表に対しても、早くも「二の舞」を懸念する声が出始めている。

「1足す1は11になる」とハフィントン氏

アリアナ・ハフィントン氏自ら経緯を説明
アリアナ・ハフィントン氏自ら経緯を説明

   スタートから6年弱で、月間訪問者数が2500万人に上る全米屈指の人気オンラインメディアに成長したハフィントン・ポスト(HP)を手に入れたのは、AOLだった。HP創設者で編集長を務めるアリアナ・ハフィントン氏は2011年2月7日、自らHPに長文を投稿し、AOLへの売却の経緯を詳しく説明。契約書にサインしたのは2月6日、AOLのティム・アームストロングCEO(最高経営責任者)の招きでアメリカンフットボール「NFL」の優勝戦「スーパーボウル」を観戦中のことだったと明かした。

   AOLは買収完了後、「ハフィントンポスト・メディアグループ」を開設。HPと、2010年9月に買収したITブログメディア「テッククランチ」や、地図サービスの「マップクエスト」など既存のサービスを統合して、ハフィントン氏を社長兼CEOに据える。

   ハフィントン氏は「ティムと私はこれまでずっと『1足す1は11になる』と言い続けてきました」と自信をみせ、アームストロング氏も米メディアの取材に対して、「次世代のメディア企業を目指す」とこたえた。

   しかし、この買収劇が明らかになった直後から、AOLの舵取りを不安視する向きもある。根拠は過去の失敗だ。AOLは2000年、CNNやワーナーブラザーズを傘下にもつメディアグループ、タイム・ワーナーと合併。当時は新興のネットサービスと巨大メディアとの「結婚」と注目を集めた。だがAOL自体の事業が伸び悩み、期待されたほどの合併効果が生まれないまま2009年、AOLはタイム・ワーナーから分離して合併は解消された。HPを買収しても、結局はこのときのように尻すぼみになるのではないか、と危惧されているのだ。

政治的にリベラルな姿勢を許容できるか

   ニューヨークタイムズ電子版は2月7日付の記事で、AOLの主力事業のひとつであるダイヤルアップによるネット接続事業の低迷や、広告事業の失敗などを指摘。ブロードバンドによるネット利用が一般的になるなか、ダイヤルアップサービスはますます落ち込むとの見通しを示した。AOLの業績を見ると、2月2日に発表された2010年第4四半期決算でも、売上高が前年同期比26%減と芳しくない。

   ウォールストリートジャーナル電子版は 2月8日、買収に関する複数の識者の見方を紹介。ロイターのフェリックス・サーモン氏は「両社にとって好ましい」と評価する一方、「HPのような独特な組織にとって、AOLが本当に適した『親』といえるだろうか」と懐疑的だ。

   またビジネスニュースサイト「マーケットウォッチ」のコラムニスト、ジョン・フリードマン氏は、「AOLが政治的にリベラルな姿勢を許容できるだろうか。難しいだろう」と懸念を示す。さらにAOLとタイム・ワーナーの合併失敗は、両社の企業文化の違いにあったとし、今回の買収も「歴史的に見れば厳しかろう」と予測する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中