AKB激太りで差し入れ禁止令? メンバー間でお菓子の取り合い

印刷

   社会現象にもなったAKB48だが、最近、体型が変わったと指摘されるメンバーが増えている。その結果、ダイエット番組出演に声が掛かったメンバーさえいるのだ。異変の正体は――。

   大量の出前寿司や宅配ピザに囲まれ、メンバーの女の子たちがうれしそうに口にほおばる。

お笑い芸人「君なんか写真と違わない?」

ダイエット宣言も出て
ダイエット宣言も出て

   ネット上では最近、こんなAKB48の写真が出回っている。それとともに、「激太り」を指摘されるメンバーも出てきている。

   この異変は、バラエティ番組でも取り上げられた。番組では、お笑い芸人が、メンバーの1人とプロフィール写真を見比べ、「君なんか写真と違わない?」と指摘したのだ。ほおがふっくらして、まるで別人に見えたかららしい。

   体型が変わる主な原因には、食生活があるようだ。AKB人気で、スポンサーやメディア関係の企業から食べ物の差し入れが増えたといい、お菓子などが出ると、メンバーの間で取り合いになるというのだ。

   2011年1月20~23日にあった大規模イベント「リクエストアワーセットリストベスト100」では、AKB運営側からメンバーへの食べ物の差し入れ禁止令が出たと話題になった。

   さらに、2月9日のAKB48劇場公演では、じゃんけん大会で優勝して脚光を浴びた内田眞由美さん(17)がダイエット番組に出演することを宣言した。フジテレビ系で5月ごろに放送される予定の「ビューティー・コロシアムダイエットSP」だ。

   眞由美さんは、9日付ブログで、「夢である歌手になるためには体型も格好よくなければならないと思いました」とその思いをつづっている。

   AKBメンバーの体型変化は、単に差し入れが増えただけなのか。それとも、握手会などで過労が募ったり、総選挙などでストレスがたまったりして、過食になってしまったのか。

「過労やストレスなども多少は関係」

   AKB48運営会社であるAKSの広報担当者に取材すると、メンバーの体型が変わった理由については、回答が得られなかった。ただ、イベントの差し入れについては、体型管理のこともあって遠慮してもらったとした。

「若い女の子たちですから、お菓子類が出ますと、すぐに手が出てしまいます。食事を取らずにお菓子ばかり食べるのもどうかと思い、食事をメインに取らせたいと考えました。また、イベント会場の楽屋が狭くて、差し入れの食べ物を置ききれないということも大きかったです」

   内田眞由美さんの所属事務所Mousaのマネージャーは、過労やストレスなども多少は関係しているとしたうえで、ダイエット番組出演の理由をこう語る。

「もともと体型を気にしていた部分がありました。今まで頑張ってきたのですが、ここに来てリバウンドしたということです。今回、番組制作会社から話がありましたので、本気でダイエットに取り組むことにしました」

   ダイエットでは、体重を落とすことより、足などのボディラインをすっきりさせることをメインにしたいという。今後の約2か月間、間食を止めるほか、ストレッチなどにも取り組む予定だ。

   AKB総合プロデューサー秋元康さんの事務所では、メンバーについて、「多少は忙しいものの、楽しんでやっています」として、体型変化の理由については詳しく語らなかった。そして、差し入れ禁止やダイエット番組出演には秋元さんは直接関わっていないとして、次のような立場を明らかにした。

「ダイエットについては、特に推奨はしていません。健康に関わることでもありますし、ふっくらしていてもかわいい子だっていますから。プロデュースする側としては、体型管理は、メンバーの自主性に任せているということです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中