カダフィ氏「大佐」の理由  執務室には「明治天皇の写真」

印刷

   リビア情勢が緊迫している。最高指導者カダフィ氏(68)を巡り、国外出国説が飛び交う一方、国営テレビにカダフィ氏が出演して出国を否定する一幕もあった。カダフィ氏はどんな人物なのか。同氏と3回面会したことがあるという、自民党の小池百合子・総務会長がテレビでその一端を明かした。

   2011年2月22日、情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)で、録画で登場した小池議員は、カダフィ氏と会談した際に見た、壁に描かれた絵について説明した。

壁には「クーデター双六」の絵

   「クーデターを起こすとこうなる」という絵が「スゴロクのように」描かれていたという。絵を見た人間が反乱を起こす気にならないようにすることが目的のようで、具体的な表現は放送されなかったが、反乱を起こすと恐ろしい仕打ちを受ける場面などがあったのだろうか。

   また小池議員は、カダフィ氏が執務室の机に「明治天皇のお写真を飾っている」と話したことも明かした。カダフィ氏が民主主義国家をつくろうとして、「明治維新を参考にしたんですね」と、小池議員は解説した。

   カダフィ氏は1969年、青年将校団メンバーらと無血クーデターで王政を倒した。当時大尉で27歳だったカダフィ氏はほどなく大佐となり、革命評議会議長になった。その後、組織改変やカダフィ氏の「公職退任」があったが、一貫して事実上の最高指導者として独裁体制を41年以上続けている。

   ただ、建前は人民による直接統治、直接民主主義だ。国名、大リビア・アラブ社会主義人民ジャマヒリーヤ国にある「ジャマヒリーヤ」は、人民による共同体制、人民民主主義といった意味だそうだ。

   ところで、「カダフィ大佐」と表記されることが多いカダフィ氏は、今も大佐なのだろうか。軍階級としては上位に少将、大将などがあり、「昇進」していても不思議はないはずなのだが。

外務省は「革命指導者」

   2月22日付の各紙朝刊1面(東京最終版)をみると、「最高指導者カダフィ大佐」(朝日、産経)、「カダフィ大佐」(毎日)、「最高指導者カダフィ氏」(読売)と表記している。海外メディアも、大佐と訳されることが多い「カーネル」をカダフィ氏の名前に付けているところが少なくない。

   外務省のサイトなどによると、外務省はカダフィ氏の呼称について、「革命指導者」を使っている。また、小池議員が会長を務める「日本リビア友好協会」サイトでは、「カダフィ指導者」との表現になっている。リビア現地でも「革命指導者」という表現が使われているようで、09年9月の朝日新聞記事「石油の恩恵、不満封印 カダフィ体制40年 リビア」には、朝日記者がリビア現地取材で、開拓農家に対し「この水はアラーの恵み? それとも革命指導者(カダフィ大佐)からの贈り物」と(通訳を通して?)話しかけたくだりが載っている。

   「大佐」呼称が使われる理由について、10年2月22日付の朝日新聞朝刊は、「(カダフィ氏は現在)具体的な役職がないため、『大佐』の肩書きが便宜上よく使われる」としている。

   また、同日付の読売新聞朝刊によると、「(無血クーデターの)その後、大佐に昇格し、その地位のまま」として、「(エジプトで先行してクーデターを成功させ)『大佐』となったナセル元大統領にならったとの説もある」と紹介。「本人は『もう軍人ではない。大佐でもない』と説明している」とも指摘している。

   2月22日付夕刊各紙では、衛星テレビ局アルジャジーラなどが、リビアの首都トリポリで戦闘機が反体制デモ隊を空爆し、多数の死者が出ていると伝えたことを報じている。

   「最高指導者カダフィ大佐」が「大佐」かどうかはさしたる問題ではなさそうだが、カダフィ氏が「最高指導者」であり続けるかどうかは、人命が絡む大きな問題となっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中