「試験官は寝ていたのか?」 入試ネット漏えい事件に数々の疑問

印刷

   数学の6問を携帯電話から送信し、ネット上の回答を答案用紙に書き写す――。京大などの入試漏えい問題は、もし限られた時間内に試験官の目を盗んでこれを行ったなら、驚異のテクニックだ。そんなことが本当にできたのか。

   京大で2011年2月25日に行われた文系数学の試験では、開始からわずか7分後に1問目がQ&Aサイト「ヤフー知恵袋」に投稿された。

複数犯説から大学への告発説まで

書き込みは未だに残るが…
書き込みは未だに残るが…

   そして、それから6分後に2問目、7分後に3問目…。全6問が初めの40分ほどですべて打ち込まれている。しかも、数式を含む長い問題文もあるのに、句読点などわずか2か所しか書き写しの誤りがないのだ。

「これだけ問題文を打っていたのだとしたら、試験官は寝ていたのか?」

   フジテレビ系で28日に放送された「とくダネ!」では、キャスターの小倉智昭さんがこう首をひねったほどだ。

   こんな投稿に関わった人物は、試験開始直後に伝えられた4問目の訂正も生かしていることから、会場内にいた可能性が高いとみられている。しかし、その「犯人像」については、様々な憶測が出ているようだ。

   まず有力なのが、複数犯説だ。この説が出たのは、携帯に数式などを短時間に見つからないよう打ち込むことが難しいことがある。そこで、携帯で問題文の写真を撮ってメールで協力者に送り、その協力者がヤフー知恵袋に投稿したのではないかというのだ。「ありがとうございます」と返答までする余裕があることも、この説の根拠になっている。

   カンニング目的ではなく、いたずらや告発など別の目的ではないかという説も有力だ。限られた試験時間をやり取りに費やしており、試験に受かるために行っているとは思えないとの指摘がある。投稿者のハンドルネーム「aicezuki」が、逆から「行くぜCIA」と読めることもその根拠だ。特定の回答者にこっそりとメールで聞くのではなく、わざわざ公開サイトに投稿したのもその理由になるかもしれない。問題文流出の告発や内部犯行によるものとの見方もある。

ツイッターで京大など批判書き込み

   そんな中で、ツイッターやミクシィで「aicezuki」のハンドルネームを使って、京大などを批判する書き込みが見つかって、波紋を呼んだ。

「京大の試験官は全然監視してないからカンニングしほうだいだったよ(笑)さすがに周りの受験生がいるからあれだが、少なくともトイレにいけばカンニングとか余裕な状況だった」

   ツイッターには、マスコミで騒ぎになった2011年2月27日未明からこんなつぶやきが数回ある。書き込み主は、都内の進学高に通う男子生徒(18)になっており、同日中にすべて削除されている。書き込みでは、「大学側が悪い」と訴えていた。

   この高校では、男子生徒がハンドルネームを使ったことを認めたうえで、入試漏えいとの関係は否定した。

「生徒は、京大理系の数学を受けており、同じハンドルネームで漏えいした私大3校は受けていません。ですから、問題文を当日持ち出すことはできない状況です。新聞で有名になったので、ミクシィのハンドルネームを面白半分で変えたと聞いています。うちでは漏えいさせた生徒はいないということですが、男子生徒は厳重に注意しました」

   ただ、ツイッターはやっていなかったと聞いているといい、書き込んだのは別の第3者かもしれないとしている。

   ともあれ、携帯電話などで問題文の写真を撮ったり、ネット上の回答を答案用紙に書き写したりすることは、通常の試験監視体制では難しいのは間違いない。試験官は寝ていたのかとの疑問も出るわけだが、今のところ、どんな状況で漏えいしたのか真相は不明だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中