氣志團、「ナチス似衣装」でユダヤ人権団体に謝罪

印刷

   人気ロックバンド「氣志團」がナチスの制服に似た衣装を着てテレビ番組に出演し、ユダヤ人権団体「サイモン・ウィゼンタールセンター」から抗議を受けた問題で、所属事務所のソニー・ミュージックアーティスツは2011年3月2日、「非常にショックを与えたことを深く謝罪するとともに、深く反省いたします。氣志團のメンバーも同様に深い謝罪と深い反省を示しています」とする文章を公式ホームページに掲載した。

   氣志團は2月23日に放送されたMTVジャパンの番組の中で、ナチスドイツ親衛隊(SS)の制服のような衣装を着ていた。同事務所は指摘のあった衣装について、一切使用せずに廃棄するとし、「決して思想的な背景を有するものではありません」と説明している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中