「最終手段はバケツの水で」 停電時のトイレで困ったら

印刷

   最近のトイレは、電動式のものが多い。トイレ器具最大手の東陶機器では、東北関東大震災を受け、ホームページ上に、停電時のトイレ使用についてのお知らせを載せた。このサイトは、はてなブックマークが200ほど付く人気になっている。

   それによると、トイレには、停電時の対応によって、3タイプがある。

(1)1つは、便器洗浄のつまみがあるタイプだ。つまみを回せば便器を洗い流し、戻すと便器内に水が溜まるようになっている。
(2)もう1つがレバータイプで、レバーを引き戻しすれば、つまみタイプと同じように操作できる。
(3)最後の3つ目は、それ以外のタイプだ。断水時の洗浄と同じで、バケツに水をくみ、直接、便器内へ水を流す。ただし、配水管が詰まる可能性があるため、2、3回に1回はバケツ2杯分を流すようにする。

   東陶の広報部では、「つまみ、レバーの位置が暗闇で分からなかったり、割れたりしていれば、(3)のバケツを流す方法を代わりに使えばいいです。水は勢いをつけて流すのがコツですね」

   最近は、水道を電気でくみ上げるタイプがあり、その場合は、停電で水が出なくなる。そのときのために、浴槽などに水をためておくとよいという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中