AKB48のコンサート「震災」で中止 「チャリティーに変更すれば」ネットで騒ぎ

印刷

   人気アイドルグループ「AKB48」のコンサートが中止になった。3枚目となるアルバムの発売も延期。2011年3月11日に東北関東大震災が起きたため「世間の常識」などを考慮、このような決断をしたのだという。

   一方で、芸能界では歌手の浜崎あゆみさんや、西川貴教さんらが大震災の被害にあった人たちを元気付けようと、チャリティーコンサートを計画、ネットで話題になっている。「AKB48」も公演を中止するのではなく、同じようにチャリティーコンサートに変更すべきだったのではないか、といった意見がネットに多数出ている。

浜崎あゆみ、西川貴教などがチャリティーライブを計画

   「AKB48」は公式ホームページで3月14日に、3月25日から27日まで予定していた横浜アリーナでのコンサートを中止すると発表した。ライブを開催する「AKB48」劇場も暫く休館するという。また15日には幕張メッセで5月1日、5月8日、6月19日に開催する予定だった握手会も中止すると発表。4月6日発売予定だった3枚目のアルバム「ここにいたこと」も発売延期が決まった。

   なぜ、このような決断をしたのか。所属事務所のAKSに聞いてみると、計画停電が行われている中で多くの電力を使うことができない、ということと、「世間の常識」ということが理由だった。「世間の常識」というのは、震災で多くの人が被害に苦しんでいる中、「AKB48」のエンターテインメントを披露するのは如何なものか、ということらしい。

   この決断はファンに衝撃を与えたが、疑問を感じている人も多い。なぜなら今や国民的アイドルと呼ばれる「AKB48」なればこそ、日本を元気にしてくれるのではないか、というものだ。実は、数々のアーティストが震災にあった人たちに元気になってもらおうと、チャリティーコンサートの開催に手を挙げている。

   T.M.Revolutionの西川貴教さんは3月13日、自身の「ツイッター」で、チャリティーを計画していることを打ち明けた。3月30日に東京「Zepp Tokyo」でライブがあるが、それを被災者に向けたチャリティーライブに変更するというもの。ライブのチケット収益は全額寄付し、さらにライブの模様をネットで無料配信。閲覧した人に募金を呼び掛けるという。

   西川さんは、はじめ震災のためにこのライブ自体を中止することも考えたという。しかし、自分も周りの関係者も被災された方々に何かできることはないか、と考えていて、それならばと立ち上がることにした、と西川さんは「ツイッター」で説明している。

握手会の売上げを寄付したらいい!?

   浜崎あゆみさんは「ツイッター」で13日、ファンから「こんなときだからこそチャリティーライブとか検討願います」と問いかけられると、

「今現在もAスタッフ総力をあげて、実現へ向けて動いております」

とチャリティーライブに向けた準備をしていることを明かした。既にチャリティーライブを終えたグループもいて、女性デュオの「花*花」は3月12日に兵庫県尼崎市内でワンマンライブを行った際、このライブを東北関東大震災のチャリティーにすると発表。チケット売り上げから諸経費を差し引いた全額を被災地に寄付することになった。

   ネットではこうしたこともあって、「AKB48」に対し、コンサートや握手会はやめるべきではなく、それをチャリティーにするべきだとして、

「予定通り開催して売り上げは全部被災地に寄付とかすればいいだろ」
「被災者を元気付けるためにもやるべきだろ! 頼むからやってくれ」
「100枚単位でCD買うヲタが初めて人の役に立ちますぜ」
「1回1,000円とかで臨時握手会やって 収益の全額寄付すればいいのに」

といった意見が多数出ている。

   コンサートを中止するのではなくチャリティーに切り替える案はなかったのか、所属事務所のAKSに聞いてみたが、明確な返事は返ってこなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中