大船渡の街に路線バスが帰ってきた

印刷

   震災で全面運休していた岩手県大船渡市内の路線バスが4月4日から運行を再開した。

   市が岩手県交通に委託している、碁石海岸や市の中心部などを走る6つの路線。がれきの残る地域を避け、迂回ルートで県立大船渡病院や商店街、市役所などを巡る。いずれも1日4~5便運行され、当面、運賃は無料に。

   NHKの地元ニュースなどによると、市の南端にある碁石海岸停留所では、病院や買い物に行く人たちが始発前から並び始め、待ちかねた様子でバスに乗り込んだ。県立大船渡病院に向かうという60歳の女性は「震災後初めて病院に行くことができます。本当にありがたい」と話していた。

   朝日新聞によると、4日現在、大船渡市では1万5500人が避難生活を送っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中