ペットボトルのキャップを共通化 供給不足を緩和

印刷

   東日本大震災の発生後から供給不足が続いている清涼飲料だが、清涼飲料メーカーが業界をあげてペットボトルに使われているキャップの共通化に乗り出した。キャップ不足を解消し、商品の供給力をアップする狙い。

   ミネラルウオーターやお茶などの主力商品を中心に白色無地のデザインに切り替える。 現在、全国清涼飲料工業会(全清飲)が会員370社に対して呼びかけており、賛同を得た企業から順次「共通化」していく。「できるだけ早めに実施したい」(全清飲)という。

   清涼飲料のキャップは色やデザインによって200~300種類あるといわれる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中