【被災地はいま】4月6日 一日走り続けても、被災地は途切れることがない

印刷


   震災から26日後、僕は初めて被災地へ入った。横浜から車で宮城県石巻市に入り、海岸線を北上することにした。震災直後から、その凄まじいまでの津波の威力を目の当たりにしてきたのだが、実際に被災地へ入り、その被害があまりにも広大なエリアに及んでいることに改めて驚かされた。車で一日走り続けても、被災地は途切れることがない。明日もこの状況が続くはずだ。

   宮城県石巻市の市立門脇小学校周辺は、津波による火災で最も被害を受けた地域だ。校舎へ入ってみると、真っ黒に焼けこげた教室は、机もイスもスチールの骨組みだけになっていた。ただ、そこから数クラス離れた教室が奇跡的に火の手から逃れ、地震直後の姿のまま残っていた。26日前から全てが止まった教室で、乾電池式の壁掛け時計だけが、「チッ、チッ、チッ」と、誰に告げる訳でもなく、静かに時を刻み続けていた。(カメラマン・会田法行)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中