普天間かおりさん、避難所でミニライブ【福島発】

印刷
news92606_1.JPG

   現在、福島県浪江町・南相馬市・葛尾村などからおよそ900人が避難している福島市のあづま総合運動公園。4月8日金曜日、ラジオ福島の「かっとびワイド けんじとかおりのふれんどラジオ」のパーソナリティーを務めるシンガーソングライター普天間かおりさんがJリーグ入りを目指すサッカーチーム福島ユナイテッドFCの協力のもと、慰問に訪れた。

   自身の生放送中に今回の地震を体験した普天間さんは午前11時から体育館2階の視聴覚室で行われたミニライブで4曲を熱唱、「第二のふるさと・福島」への思いを交えながら、被災者を励ました。特にミニライブの3曲目、今回の災害をうけ普天間さんが書き下ろした「Smile Again」には多くの人が涙を流し、ライブ後「泣いたけど頑張ります」と普天間さんの手を握っていた。

news92606_2.JPG

   また、ラジオ福島では、全国各地の放送局から送られた「携帯ラジオ」(約100台)とベネッセコーポレーションから送られたミネラルウォーターを届けた。

ラジオ福島


ラジオ福島では「がんばろう福島・がんばろう東北・がんばろう日本」をキャッチフレーズに、復興のための道を歩みつづけます。
■ラジオ福島「東日本大震災 救援・復興に関する情報」サイト http://www.rfc.co.jp/
■ラジオ福島ツイッター  @radio_rfc_japan
■ラジオ福島がんばろうブログ  http://rfcgamba.blog60.fc2.com/
■ラジオ福島Ustream http://www.ustream.tv/channel/rfc-radio

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中