都立中高一貫に期待高まる 白鴎の初卒業生、東大合格現役5人

印刷

   都立としては初となった中高一貫教育校、東京都立白鴎高等学校・附属中学校。2005年の開校から2011年3月に一期生たちが卒業を迎えたが、東京大学への合格者を現役で5人と「躍進」した。専門家は「目標通りの成果が出せた」と指摘する。

   都立白鴎高校は、1888年に開校された東京府立高等女学校(1900年、東京府立第一高等女学校に改称)を前身に持つ伝統校。都内では、いわゆる中堅レベルの進学校という位置づけだ。

東大5人、早稲田大38人、慶應大15人合格

   朝日新聞出版「週刊朝日」(4月15日号)によると、都立高校の東大合格者数は、進学校の日比谷高校と西高校の29人、国立高校の13人、戸山高校と八王子東高校の7人で、白鴎高校の5人はそれに次ぐ人数。白鴎高校の東大合格者は直近が10年前に1人だったというから、現役で5人を輩出したのは「大躍進」と言える。また、東大以外にも、一橋大2人、筑波大4人、早稲田大38人、慶應大15人、上智大13人の合格者を出した。

   「躍進」の理由はどこにあるのか。白鴎高校の副校長は取材に対し、「学習や生活の習慣を徹底している」と明かす。学習面では、毎日出される宿題は必ずチェックしているし、補習も行われる。また、定期的に来校するチューターと呼ばれる現役東大生や、教師たちが個別に生徒の勉強を見られる工夫をしている。

   校舎が、中1・2生と中3生以上で別になっているのも特徴だという。6年間同じ場所に通う一貫校では「中だるみ」になりがちだが、場所が変わることで気分の変化を持たせる。また、校舎内には勉強のできるフリースペースがあるなど学習環境が整えられ、生徒たちは7時半の開門にあわせ、学校には早めにくるなど意欲の高い生徒も多いそうだ。生活面では、あいさつや言葉遣いの指導も行うなど、副校長は「面倒見がよい学校だ」と胸を張る。

「1回目の実績としては『上々』だ」

   白鴎高校が東大の合格者5人を輩出したことについて、中学受験の事情に詳しい、森上教育研究所の森上展安代表は「1回目の実績としては『上々』だと言っていい。白鴎は難関大への合格者10人の目標を掲げ、目標通りの成果が出せた」と指摘する。中高一貫校となるにあたり、新たな目標を掲げたことから、意欲の高い生徒と教師が集まり、実績にも結びついたと見ている。

   白鴎高校の「躍進」で私立校から公立校へのシフトはあるのか。森上さんは「景気の影響で、私立受験が沈静化している状況だ。(白鴎高校で)結果が出たことで、都立の中高一貫校への期待も高まると考えられる」と話している。

   なお、都立の中高一貫校の倍率は2011年度で、小石川中等教育(一般)が8.19倍(前年は7.29倍)、白鴎高等学校附属(一般)が7.60倍(同7.03倍)、両国高等学校附属が9.04倍(同8.17倍)、桜修館中等教育が6.72 倍(同6.08)などいずれも高い。2012年3月には、2006年に開校した都立両国高等学校附属中学、都立桜修館中等教育学校、小石川中等教育学校などで一期生の卒業を控えており、進学型中高一貫教育の「結果」に注目が集まりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中