USJ、被災地支援を強化 東松島市へボランティア隊を派遣

印刷

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイは、2011年4月15日から18日まで、従業員ボランティア30人を東日本大震災の被災地・宮城県東松島市へ派遣し、復興支援にあたる。

   同社はこれまで被災者支援活動として、義援金募金、救援物資の直接空輸、大阪市救援物資仕分け作業へのボランティア派遣などを行ってきたが、被災地で県外ボランティア受け入れ環境が徐々に整いつつあることから、従業員によるボランティア隊を被災地に送ることにしたという。

   "「You are not alone. がんばろう!日本」USJ災害復興支援ボランティア隊"と名づけられた一行30人は、4月15日午前8時、USJを出発。16日、17日に東松島市の個人宅で家具の搬出、がれきの撤去、泥かきなど「体力の要る」作業を行い、18日8時ごろ大阪に戻る。往復にはチャーターバスを使い、現地ホテルで2泊、復路の車中で1泊の予定。

   派遣される30人は、ボランティア募集に応じた社員とアルバイトで、従業員のボランティア参加を支援するために同社が新たに創設した「ボランティア特別休暇」が適用される。

   同社は、被災地の状況やニーズを確認しながら、今後も必要な支援を行っていくとしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中