吉野家で外国人バイト200人が退職 余震や原発事故恐れ?

印刷

   首都圏の吉野家で、外国人アルバイトの約4分の1に当たる200人ほどが震災後1週間で退職していたと、同社が2011年4月14日明らかにした。余震や原発事故を恐れて帰国したケースが多いとみられている。

   アルバイト不足については、社員を各店に派遣してしのいだという。現在は、欠員補充を進めた結果、営業に支障はないとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中