福島県産原乳 いわき市など25市町村で出荷制限解除

印刷

   政府は2011年4月16日、原子力災害対策特別措置法に基づき出荷制限を指示していた食品のうち、福島県の25市町村産の原乳について、制限を解除した。放射性物質の検査で、食品衛生法上の暫定規制値を3回続けて下回ったため。4月8日には、同県の喜多方市など7市町の原乳の出荷制限が解除されたが、今回の措置はこれに続くものとなる。

   新たに制限が解除された25市町村は、以下の通り。

福島市、二本松市、伊達市、本宮市、郡山市、須賀川市、田村市(旧都路村の区域を除く)、白河市、いわき市
国見町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、三春町、小野町、矢吹町、矢祭町、塙町
大玉村、平田村、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中