3分で締め切り、「都民ボランティア」に申し込み殺到

印刷

   東京ボランティア・市民活動センターが都民ボランティアを募集したところ、申し込みが殺到。受け付け開始直後に締め切る事態となった。

   インターネット上で「第5期東日本大震災被災地支援都民ボランティア」参加の受け付けが始まったのは2011年4月20日10時。開始と同時に申し込みが殺到し、センターは12分で受け付けを停止する作業に入ったが、140人の定員に対し応募者はすでに300人に達していた。

   同じ日の12時には、「東日本大震災被災地支援都民ボランティア(ゴールデンウィーク特別チーム)」の受け付けを開始。こちらは、わずか3分で締め切る事態になった。それでも60人の定員に300人以上の申し込みとなった。

   第4期までの募集でも同様に多数の応募が来ていたといい、「受け付け開始を休日に設定したときはサーバーがパンクしてしまった」とセンターの担当者は打ち明ける。さらに、こうした状況について「今回の震災への関心高さの表れだと思います。みなさんの熱い思いが伝わってきます」と感慨深げに語った。

   書類等による選考を行い、結果はメールで応募者に届くことになっている。

   同センターの都民ボランティアは次回の第6期まで募集することが決まっているが、第7期以降は未定だという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中