巨人・脇谷の落球誤審騒動 試合後コメントでツイッター大炎上

印刷

   プロ野球、巨人対阪神戦で巨人・脇谷亮太選手(29)がフライを落球、しかしこれが審判にキャッチと誤審され、大騒動となっている。試合後に脇谷選手が話したというコメントも問題にされ、ツイッターは炎上状態となった。

   誤審があったのは2011年4月20日に兵庫・阪神甲子園球場で行われた阪神戦。7回、1点勝ち越していた阪神のクレイグ・ブラゼル選手が2死1、3塁という場面で2塁後方へ打球を放った。これを脇谷選手が倒れ込みながらキャッチ。アピールするかのように球を握った右手を挙げ、アウトと判定された。

グラブから球がこぼれバウンド、再び拾い直す

   だが、VTRをスロー再生で見るとグラブから球が一旦こぼれ地面にバウンド、これを再び拾っている。試合はテレビ朝日で中継されていて、解説者も「これは落ちてますね」。判定した1塁塁審は脇谷選手の背中越しに見ていて、はっきり見えなかったか可能性もある。

   阪神の真弓明信監督はベンチから出てきて激しく抗議。しかし判定は覆らず、結局巨人が逆転して5対4で勝った。もし落球と判定されていれば、阪神に追加点が入り、結果も変わっていたかも知れない。真弓監督は試合後、「判定は微妙じゃない。(塁審には)見えなかったんだろうな。見えてないんだったら、別の見えている人がジャッジしてもいいんじゃないか」と話していた。

   スポーツ新聞各紙は「真弓監督『誤審』に激怒!」「虎、大誤審で首位陥落」といった見出しで報道したが、騒動はこれで終わらなかった。試合後、脇谷選手がスポーツニッポンの取材に「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか」とコメントしたというのだ。

「嘘ついて勝ってうれしいですか?」

   翌21日の試合では、脇谷選手がバッターホームに立つと大ブーイング。ツイッターにも飛び火した。

   脇谷選手のものと見られるツイッターアカウントには

「嘘ついて勝ってうれしいですか?」
「発言にがっかりした。スポーツに誤審はあるけど、正直腹が立った」
「あの落球がちゃんと捕球できたと見ることができるTVのメーカーを教えて下さい。買替えます」

といった非難が殺到。球を拾い直した後の対応についても「あんなアピールして恥ずかしくないのか」「スポーツマンシップに欠ける」といった声が挙がった。

   もっとも、一部には「審判のジャッジが絶対で、たとえ落としてたとしても、審判がアウトと言えばアウト!」といった意見もある。日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手もコメントしており、21日、ツイッターに「勝負事ですからね。 まず、(自分から)落としましたと言う人はいません」と投稿した。

   審判も人間なのでミスは仕方ない面もあるとし、「審判で負けたと思う日があるなら、審判で勝ったと思う日もあるという事」。ただ、ダルビッシュ投手ならこの場面では「甲子園の魔物が取ってくれた」とコメントするということだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中