大賀典雄ソニー元社長死去

印刷

   ソニー元社長の大賀典雄氏が2011年4月23日、多臓器不全のため亡くなった。81歳。葬儀は密葬で行われ、後日ソニーによる社葬が予定されている。

   創業者の井深大氏と盛田昭夫氏に見出され、東京藝術大学卒業後の1959年にソニー入社。82~95年にかけて社長を務め、以後も会長、名誉会長などの職にあった。デザイン・広告などを通じ「ソニー」ブランドの確立に貢献したほか、CBS・ソニーレコード(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)の設立、米国コロンビア・ピクチャーズの買収、「プレイステーション」による家庭用ゲーム機部門への進出に携わった。

   指揮者・声楽家としても活動し、指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン氏らとも親交があった。コンパクトディスク(CD)開発を主導し、ベートーベンの「第九」の長さを基準に「75分、直径12センチ」という規格を策定したことでも知られる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中