「史上最大」ソニーの情報流出 対応遅れに早くもプレステ離れの兆し?

印刷

   ソニーのゲーム配信サービスから最大7700万人分の個人情報が流出したとされる問題で、世界中でソニーへのバッシングが起きている。「史上最大」の情報流出になる可能性があり、厳しい批判が相次いだ。

   流出の恐れがあるのは、子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が運営するゲーム配信サービス「プレイステーションネットワーク」と、音楽、映像などの配信サービス「キュリオシティ」。2011年4月27日にソニーが発表した。

「プレステでなくXboxを選んでよかった」

   外部からの不正アクセスがあり、4月17日から19日にかけて利用者の氏名や住所、メールアドレス、パスワード、購入履歴などが流出した恐れがある。クレジットカード番号が流出した可能性についても「排除できない」としていて、極めて深刻だ。ソニーは現在サービスを一時停止し、調査を行っている。

   ネットワークの利用者は世界60か国、7700万人に及び、世界中から批判が相次いだ。

   米国の「ウォールストリートジャーナル」は「史上最大級の情報流出になる可能性」と報道した。米国の大手PC情報サイトも「ソニーは極めてひどい状況にある」と深刻視している。

   ロイター通信は、「早くもプレステ離れの兆しも出ている」というロンドンの状況を報告。「ソニーほどの会社なら個人情報はきちんと守ると普通思う」「プレステでなくXboxを選んでよかった」といった街の声を紹介した。

米男性が提訴、集団訴訟に発展する可能性

   また、ソニーが情報流出を発表したのは不正アクセスがあってから約1週間後。これについては米テンプル大学の教授がロイター通信記事中で、「日本企業によくみられる経営階層や会議の長さを考えれば、1週間はそんなに遅くはない。しかし、個人情報が流れた人にとっては、当然のことながら1週間は遅すぎる」とコメント。

   海外の掲示板でも「ソニーはもっと早く動くべきだった。これは昨日起きたことじゃないんだ」といった声が挙がった。掲示板には「ずさんだ」「情けないソニー」といった非難のほか、「復旧なんかしないで、ずっとこのままサービス停止にしておいた方がセキュリティ的にはいいんじゃないか」という皮肉も寄せられていた。

   報道によると、米連邦議会の民主党上院議員がSCEの米国法人に書簡を出し、対応の遅れを批判。ユーザーに十分な補償をするよう求めた。米アラバマ州の男性もソニーに損害賠償を求める訴訟を起こしており、今後大規模な集団訴訟に発展する可能性も出てきている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中