放射線計測器「在庫足りず」 メーカーに問い合わせ続々

印刷

   放射線量を計測できる線量計やガイガーカウンターの在庫が不足している。メーカーは増産を急いでいるが、通販サイトでも在庫切れが目立ち、入荷するとすぐに問い合わせがくる状況だという。

   鈴木寛文・文部科学副大臣が2011年4月21日、福島県教育委員会に対して簡易型の携帯線量計120個を送付したことを明らかにした。記者会見では線量計は一般の人でも買えるとしたうえで、「ただ(商品は)品薄。あまり買わないでください。極力これは福島に使いたいので」などと呼びかけた。

商品を渡せるのは6月

   実際はどうなのか。分析・計測機器メーカーの堀場製作所(京都市)では、放射線に含まれる微弱なγ線を測定できる手のひらサイズの測定器「ラディ」(12万5000円)を販売している。この商品、もともとは中学校の理科教育で利用される教材を想定していたものだったが、原発事故を受けて、4月26日までに1000台の注文が寄せられた。前の年は年間100台が売れている。

   従来は主力商品でないが問い合わせが多かったことから、現在は休日を返上し、週に100台ペースで増産している。それでも、在庫はすぐにはけてしまう状況だ。いま購入したいと思っても6月までは商品を渡せない。

「放射線は目に見えず匂いもないので、わからないということを不安がる人が多い。注文者の中には事業所で業務を再開する際、自社(の放射線量)が心配だという人がいた。数値をみることで安心し納得できるのでは。個人は比較的少なく、法人や団体が購入していくケースが多い」

   また、医療向け機器を販売している日立アロカメディカル(東京都三鷹市)のwebサイトでは「放射線測定器に関してホームページへのお問い合わせが殺到しており、対応に時間がかかっています」という案内が出ている。同社では、個人向けの被ばく線量計(マイドーズミニシリーズ)などを販売している。

   担当者によると、問い合わせ内容には「どんな機械なのか」「在庫はあるのか」「(発表されている)数値は大丈夫なのか」など多岐に及ぶ。放射線測定器は、例年なら放射性物質を扱う、原発関係者や病院を中心に数千台が売れる。だが、今年に限っては、民間企業や個人からの購入希望者が多く、在庫はすべてはけてしまった。「材料の手配など準備が整い次第、増産していく」と担当者は話している。

入荷自体も少ない

   インターネット通販でも在庫切れが目立つ。放射線測定器を販売する通販業者は「在庫はほとんどない」。ふだん多く売れるものではないため、入荷自体も少ないという。また、ガイガーカウンターを中心に販売する防災対策用品専門サイト「VALUES ONLINE(バリューズオンライン)」でも担当者は「問い合わせのあまりの多さに驚いている」と話す。

   同社では主に、手のひらで扱える小型のものを扱っており、価格帯は4万円~7万円。入荷の情報を掲載すると、すぐに問い合わせがきて売れてしまう状況だという。残りわずかという品も出ている。担当者によると、電話口でいつまでに入荷するのか聞かれ、具体的な日数がわかると、その場で予約を済ませる人もいる。商品が欲しくてさまざまな店に連絡している人も少なくないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中