被災地の失業・休業者11万人超

印刷

   東日本大震災の被災地にあたる岩手県、宮城県、福島県のハローワークで失業保険の手続きに入った失業・休業者は、震災後の2011年3月12日~5月22日までの累計で11万1573人になった。厚生労働省が被災地の雇用状況をまとめ、2011年5月25日に発表した。

   前年同期に比べて2.4倍に膨らんだ。前回集計時(5月13日の累計)に比べて、約5000人増えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中