山口もえ「ヒルズ族」夫の凋落 次々事業失敗で高級キャバクラ経営?

印刷

   タレント山口もえさん(33)の夫が、キャバクラ無許可営業で逮捕され、驚きの声が出ている。ITバブルで脚光を浴びたヒルズ族社長だったからだ。しかも、最近は、お金に窮していたともいうのだ。

   口ひげを生やした精悍な顔で、何かを考えたように、前をじっと見つめる。

ECナビ前身会社の創業者だった

店に電話しても応答はなかった
店に電話しても応答はなかった

   警視庁に逮捕され、護送車に乗る山口もえさん夫の尾関茂雄容疑者(36)の姿だ。IT企業「ECナビ」の創業者で、「ヒルズ族」ともてはやされただけに、思うところがあったのだろうか。

   報道などによると、東京・西麻布の飲食店「Birth NISHIAZABU」で2011年5月26日に、無許可で高級キャバクラを営業していた風営法違反の疑い。店は04年6月にオープン、摘発時は、モデルや有名女子大生らを客に同席させて違法な接待をさせていた。

   店の経営者も逮捕されているが、尾関容疑者は毎月、売り上げの半分ほどに当たる300~400万円を家賃名目で振り込ませていた。実質的な経営者とみなされたわけだ。ただ、本人は、「お金はもらったが、経営はしていない」と否認している。

   キャバクラは会員制で、芸能人やスポーツ選手、政治家も客として来ていたという。

   華麗な経歴を誇るヒルズ族社長が、違法営業をしていたとすれば、それはなぜなのだろうか。

   尾関容疑者は、IT企業「サイバーエージェント」出身で、1999年10月にECナビの前身に当たるアクシブドットコムを立ち上げた。青年実業家として会社を急成長させ、03年9月には、株を売却して自ら会社を辞める。そして、わずか28歳にして3億円もの大金を手にした。

次々企業を立ち上げたものの経営に行き詰まる?

   2005年11月には、テレビ番組を通じて知り合った山口もえさんと結婚もした。後に、1男1女のパパにもなっている。

   ところが、ここからは雲行きが怪しくなる。

   飲食店「Birth」の沖縄店を06年8月にオープンさせたが、それ以来、沖縄の事業に夢中になった。地元の人たちと交流し、人の魂との調和が取れたビジネスを目指すようになったというのだ。

   尾関茂雄容疑者は、別のIT企業「Zeel」を立ち上げていたが、08年12月には、突然解任される騒ぎが起きた。それは、自社事業を考えないようになったと社員から不満がおきたのが原因だと報じられている。

   ほかに次々企業を立ち上げたものの、いずれも経営に行き詰まっていたようだ。それと同時に、もえさんとの離婚危機も報じられるようになった。10年8月には、大学時代の後輩との巨額の金銭トラブルも週刊誌報道されている。

   もっとも、かつて所属していたECナビもZeelも、取材に対しては、「今は一切関わりがありませんので、特に何もコメントはありません」と言うのみだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中