つんく♂がAKB独走に危機感 ハロプロが「総選挙」で新グループ??

印刷

   音楽プロデューサーのつんく♂さんがテレビで、日本の音楽界の現状と展望について語った。その中で、アイドルグループ「AKB48」について、戦略は評価しながらもライバルグループが必要だ、と強調した。

   つんく♂さんが出演したのは2011年6月22日放送のBS11「テリー伊藤の月に吠えろ」。音楽プロデューサーの立場から、独自の理論を展開した。

「モー娘。」は会えないアイドルだった

   「AKB48」の成功については、

「劇場をアイドル達と『会える場所』、と言い付けたところが成功の一つの要因。いいところに目を付けた」

   と見る。自身がプロデュースした「モー娘。」などは会えないアイドルだった。しかし従来からアイドルはスーパーの屋上などで握手会をしていたし、アキバのメイド喫茶のメイドさんも会える存在だ。その発想を固定の劇場に持ってきたことが斬新だ、として戦略を評価した。

   「選抜総選挙」については、こう語った。

「競い合うのは非常にいいこと。日本の芸能界は今まで仲良くしすぎた。一緒に手を繋いでゴール、のような」

   アイドルグループは、誰が一番人気であるかを明かさなかった。メンバー達は楽かもしれないが、メンバー内でも切磋琢磨無くしては芸能界で勝ち残れない、というのだ。

   また、「選抜総選挙」でファン一人が投票権付きのCDを何百枚も買ってお気に入りのメンバーの順位を上げる投票システムについては、「キャバクラ」のシステムと同じ、とした。

「キャバクラのオネェちゃん達にボトルを入れてあげるのと同じ。『ワタシ、今月1位になれないの・・・』よし、わかった入れたろ!ボトル、ドーン!!!」

「 1つが独占しているときは停滞している時なんです」

   新曲CDの売れ行きが150万枚突破という破竹の勢いの「AKB48」。この人気について、つんく♂さんはいささか苦い表情を見せた。AKBだけでなく日本の芸能界を向上させるためにはあと1つか2つ、ライバルグループが必要なのだと強調した。

「ハロー(モー娘。など)が先頭を走っていたときも(日本のアイドル界は)停滞していた。1つが独占しているときは停滞している時なんです」

   それは「AKB48」と同じシステムで展開する他社のグループで、「AKB48」の姉妹グループ「SKE48」「NMB48」ではないという。例えば、つんく♂さんがプロデュースしているハロープロジェクトがAKBと同じシステムでグループを結成しライバルになるようなことだと話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中