「サイボウズLive」をボランティア団体に無料提供

印刷

   サイボウズは、東日本大震災の復興支援のために活動するボランティア団体へ、クラウド型コラボレーションツール「サイボウズLive」の無料範囲の人数・容量を拡大して提供する震災ボランティア支援プログラムを2011年7月7日より開始した。

   「サイボウズLive」は通常1グループにつき20人(ファイル保存容量500メガバイト)までなら誰でも無料で利用できるが、3月11日の震災以降、復興関連のボランティア団体のあいだで利用者が急増していることから、震災ボランティア団体に対して無料利用の人数を200人に、ファイル保存容量を2ギガバイトに拡大して提供する支援プログラムを実施することにした。無料利用期間は3年間。今回は、第一期として7月7日から8月31日の期間に50団体を募集する。支援プログラムの詳細と応募は以下のURLから。

   http://group.cybozu.jp/news/11070701.html

   すでに「サイボウズLive」を利用している団体でも、これから導入する団体でも応募可能。審査が通り次第、すぐに適用される。

   「サイボウズLive」は、ふんばろう東日本支援プロジェクトNPO法人自然環境復元協会東京ボランティア・市民活動センターなど、東日本大震災の復興支援にあたっているボランティア団体・NPO・中間支援組織で広く活用されている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中