短歌「サラダ記念日」ツイッターで再燃 俵万智さんも大盛り上がり

印刷
「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日――

   歌人の俵万智さん(48)のこの有名な短歌にちなんで2011年7月6日、ツイッター上で彼女の歌の中で好きなものはどれか、についてつぶやく企画がちょっとした話題を集めた。俵さん本人も「自分の歌が一人歩きして、いろんな人と出会っている現場を、覗き見した気分」と嬉しそうにしている。

「すてきな企画、私も楽しみ」

「何でもない日の代表だった七月六日だけど、選んでしまうと特別になる」(俵万智さんのツイッターから)
「何でもない日の代表だった七月六日だけど、選んでしまうと特別になる」(俵万智さんのツイッターから)

   当時24歳だった俵万智さんの第1歌集「サラダ記念日」が出版されたのは、今から24年前の1987年。詩歌集は売れないといった常識をくつがえし、280万部の大ベストセラーになった。話し言葉を多用するなど短歌のイメージを変え、現代短歌の先駆けになったとも言われている。今では歌のいくつかが国語の教科書にも載っている。

   その7月6日の「サラダ記念日」にあわせて、ユーザーのひとりが2011年7月5日、「あなたが大好きな俵万智さんの短歌を、なぜ好きなのかとひとことそえてツィートしてみませんか?」と呼びかけた。これをタイムラインで見かけた作者の俵さんも、自身のツイッターに、「すてきな企画、ありがとうございます。私も楽しみにしています」と書き込んだ。

   7月6日をむかえると、好きな短歌にまつわる書き込みは、続々と寄せられた。たとえば、ある人は「待つまでの時間たっぷりあびたくて各駅停車で新宿に行く」という歌を挙げ、迎えに来てもらうよりも待ち合わせの場所に行く幸福感がいいとプッシュ。別の人は「この部屋で君と暮らしていた女(ひと)の髪の長さを知りたい夕べ」という歌には、全く同感だと書いている。「唐突に君のジョークを思い出しにんまりとする人ごみの中」がいいと言う人は、自分にも似た経験があるのだと思いを馳せた。

「何でもない日を記念日にしてくれる、それが恋」

   ほかの短歌では「『寒いね』と話しかければ『寒いね』と答える人のいるあたたかさ」が好きだという人が多い。また、ある人が「この企画、癒されますね。皆さんの思い出も知ることができていい」と書いているように、書き込みを見ながら癒された、ほっこりしたという感想も出た。彼女の短歌には恋する気持ちを詠んだものが多く、好きな歌と好きな人との思い出が結びつきやすい。昔のことを思い出した人だって、きっといるだろう。

   これらを受けて、俵さんは「自分の歌が一人歩きして、いろんな人と出会っている現場を、覗き見した気分です。励まされました」と書いている。そして、「サラダ記念日」を作ったときの気持ちについては、次のように、ツイッターの140文字に込めた。

「何でもない日を記念日にしてくれる、それが恋。そう思ってサラダ記念日の歌を作った。ささやかな日々を記念日で一杯にしてくれる、それが自分にとっての短歌。そう思って歌集のタイトルにした。何でもない日の代表だった七月六日だけど、選んでしまうと特別になる。今日何があるわけでもないのですが。」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中