脱原発でも内閣支持率「最低」 菅首相、それでも消えぬ「解散説」

印刷

   脱原発をキーワードに巻き返しを――そんな菅首相周辺の目論見は肩すかしに終わったようだ。最新世論調査の内閣支持率は、さらに下がって軒並み「政権交代後で最低」をたたき出している。

   厳しい声は世論だけではない。内閣不信任決議案の再提出問題に関連して、民主党の足下からは、同党出身の西岡武夫・参院議長が、民主党内から同案を提出するよう議員らに促す動きまで出てきた。

朝日15%、NHK16%……

菅内閣の支持率はまだ下がる?
菅内閣の支持率はまだ下がる?

   2011年7月11、12日に報じられた各社の世論調査結果をみると、内閣支持率はついに09年の政権交代後、最低となった。ということは、普天間移設問題や「政治とカネ」をめぐり大混乱に陥り、ずたずたになった状態で退陣した鳩山由紀夫・前政権の末期の数字をも下回ったわけだ。

   各調査の内閣支持率は、6月比マイナス7ポイントで15%(朝日新聞)、同マイナス9ポイント16%(NHK)、同8ポイント減16.1%(日本テレビ系列)などとなっている。軒並み2割を大きく割り込んでいる。3割を切ると「危険水域」とされ、1割台半ばでは限りなく「死に体」に近い状態だ。

   菅首相は、内閣不信任案が可決されそうだった状況をかろうじて乗り切った6月2日以降、再生エネルギー法案重視や原発ストレステスト導入などの方針を「突如」打ち出し、攻めの姿勢に転じていた。「脱原発の風」を意識し、脱原発解散をちらつかせながら民主党内世論をけん制していたわけだ。

   しかし、今回の世論調査で、菅首相は「脱原発の風」に乗るどころか、以前からの「逆風」がむしろ強まっていることがはっきりした。朝日新聞の調査結果(7月12日付朝刊)では、「脱原発賛成派」は77%いるが、その賛成派にきいた内閣支持率も全体と同じたった15%だった。「脱原発」と菅首相支持とは別物と考えているわけだ。

西岡議長「民主党から不信任案提出を」

   そんな「死に体」の菅政権に引導を渡そうと民主党側から大胆な発言を続けているのは、西岡参院議長だ。

   自民党から出た「『一事不再議』の慣例を破る形での不信任案再提出」論について、西岡議長は記者会見で再提出は可能だと発言するほか、読売新聞(7月12日付朝刊)によると、民主党内から不信任案を提出するよう促す論文も書いている。今度不信任案が出れば可決される、との読みがあるようだ。西岡議長の呼びかけは、民主党議員らに浸透するのだろうか。

   一方、亀井静香・国民新党代表(首相補佐官)は7月11日、菅首相と会談し、第3次補正予算案の編成着手を進言した。「2次補正が終われば退陣せよ」との周囲の声は気にする必要ないという、いわば「菅首相支援行動」ともいえる。菅首相は12日、作業着手に言及した。

   ほかにもまだ菅首相の「強気」を支える要素もある。内閣支持率は超低空飛行だが、政党支持率では、まだ自民と並んでいることだ。先の朝日新聞調査によると、民主17%、自民17%となっている。

   これだけの「敵失」がありながら自民はこの程度か――菅首相がこう考え、機会をうかがって解散に打って出る可能性は、まだ消えてはいないのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中