AKB前田敦子へのバッシングが過熱 「AKBオタク」にしか通用しないタレントか?

印刷

   国民的アイドルグループとまで言われるようになった「AKB48」。しかしネットではセンターを務める前田敦子さん(20)に対するバッシングが止まらない。

   同グループの「絶対的エース」と呼ばれ、先の人気投票「選抜総選挙」で1位に返り咲いた前田さんだが、主演ドラマの視聴率が低迷していることが影響し、演技が下手すぎる、顔が「ダウンタウン」の浜田にそっくり、「しょせんはAKB48オタクにウケているだけ」など。なぜこうしたバッシングが過熱しているのだろうか。

「イケパラ」低視聴率が格好の餌食に

   前田さんが主演を務め、鳴り物入りで7月から始まったフジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」の視聴率が振るわない。初回の視聴率はビデオリサーチ調べで関東地区が10.1%。同時間帯に放送されていた「マルモのおきて」の最終回が23.9%だっただけに「惨敗」などと評された。2話は6.0%。3話は7.9%だった。3話で持ち直したかに見えるが、直前放送の「27時間テレビ」が20%近い視聴率だったことから、牽引効果でもっと高い視聴率でもよかった、とする専門家もいる。

   ネットではこの視聴率から、「化けの皮が剥がれた」などと厳しい評価を下す人が多く出て、前田さんに対するバッシングが巻き起こっている。

   実は、前田さんに対する誹謗中傷は以前からあり、それはアンチ「AKB48」が「AKB48の絶対的エース」と呼ばれている前田さんをあえて標的にしている、という図式が垣間見えた。ただし、ここに至ってのバッシングはそれだけはないようだ。

   主演ドラマ「イケメン☆パラダイス」の低視聴率は格好の餌食になっていて

「しょせんAKBオタクにしか通用しない前田」

などといった批判の書き込みがネット上に氾濫している。

   現在のバッシングのきっかけになったのは10年9月に行われた「じゃんけん選抜」の記者会見を含め、度々「握手会」を休むようになったこと。もちろん体調不良が原因なのだが、ファンを裏切る行為ではないかと問題になり、「仮病だった」「美容院に行った」などとデマが流れた。また、10年11月以降にブログの更新が何度か滞り「さぼっているのではないか」と騒がれた。ファンの間からも「ソロ活動を重視してAKBをないがしろにするつもりではないか」といった声も出ていた。

それでもブログには1万6000もの応援コメント

   バッシングが大きく盛り上がったのは11年7月10日放送のTBS系「情熱大陸」。前田さんを2ヵ月間密着したドキュメンタリー番組だったが、密着したカメラにブチ切れたとし、性格の悪さが露呈した、などと騒ぎになった。

   前田さんの公式ブログは7月に入って更新が滞り、昨年の7月は182回更新していたのに、今年7月は26日までに12回。このところは1週間に1回のペース。しかも出演番組を宣伝する1行ほどしか書いていない。ネットでは、バッシングが加熱している影響でびびっているのではないか、といったうがった見方も出ている。それでも週1回ペースで更新されているブログのコメント欄には、ファン達による1万6000もの応援コメントが付いていて、その人気の高さを窺い知ることができる。そこには

「イケパラおもろい。いっつも見てます。あっちゃん可愛い」
「あっちゃん体に気を付けて。毎日お仕事がんばって。ブログゎ余裕のあるときでいいから」

などと書かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中