汚染水処理施設の稼働率まだ58%

印刷

   東京電力は2011年7月27日、福島第1原発の放射能汚染水処理システムの稼働率が20~26日で58%(前週は53%)、6月17日の本格稼働からの通算では63%にとどまっていると発表した。敷地内の汚染水の量は、台風などの影響で、6月末と同じ水準の約12万トンまで増えた。

   東電は7月の稼働率目標を、当初の80%から70%に下方修正していたが、それも達成できなかった。8月からの目標は90%の予定だったが、中旬までは70%にとどめる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中