大槌町長選告示 「被災地選挙」大わらわ

印刷

   震災で町長が亡くなった岩手県大槌町の町長選が8月23日、告示された。いずれも新人で無所属の、岡本大作氏(62=元町議会議長)と碇川豊氏(60=元町総務課長)、小川文一氏(64=社団法人理事長)の3人が立候補を届け出た。 争点は町づくりや防災対策。8月28日に投開票され、ようやくトップ不在が解消される。

   28日には仙台市議選が投開票され、9月11日には岩手県知事選、同県議が決まる。

   原発事故が重くのしかかる福島県は県議選(定数58)の年内実施に向けようやく本格的な準備に入った。特例法によって2度延長された任期が切れるのが12月31日。多くの有権者が地元を離れており、選挙事務の下準備は手探りで進められている。

   特例法には不在者投票手続きのため選挙期間を延長できることや、市町村の求めに応じて選挙事務を担う職員を派遣できることなどが盛り込まれた。県選管は浜通り地方の自治体と具体的な支援策の調整を行っているが、南相馬市は、市民の4割近い約2万6000人が市外へ避難していて、所在の把握できない人も約5000人。公正な選挙の実施には大きな壁が立ちはだかっている。

   福島県内では、県議選のほかに11の市町村議選が4月の統一地方選で延期されなお実施されないでいる。このうち、4市町村では選挙日程が決定。浜通り地方などの7市町村は年内の実施を目指している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中